ルバーブ収穫
 
 
5月から10月まではルバ-ブ本番。ルバ-ブはイタリア野菜(デザ-トやジャムに使うけれど、一応野菜?)ではありませんが、日本では珍しく我が家の自家栽培なので紹介(自慢)します。ルバ-ブは北欧では身近な食材ですが、イタリアでは数年前までは見かけることはありませんでした。家の菜園では10年前から栽培しており、春一番に元気な姿を現し一年中(冷凍可)ジャムとかデザ-トとして活躍します。種からも十分育ちますが、私は数年毎に株分けをしながら増やします。影を好み、霜と寒さに強いのでほったらかしで大丈夫です。
                                                                       (元気なルバ-ブです)

食すのは茎。赤と緑の種類があるけれど、火を加えたら赤みは殆ど分からなくなるので、私は色にはこだわりません。酢と同じくらいすっぱいので食べ方を知らないと手が出にくいけれども、ビタミンC、カルシウム、繊維が多く含まれる優れた食材なので、試す価値あり。家では生のまま砂糖をまぶして食べます。葉は有毒なので食べないでね。ジャムやタルト、ケーキは独特のすっぱさが絶妙。世界で一番初めにルバ-ブを食べた勇気のある人に感謝したいです。
 
私の大好きなRhubarb Crumble(イギリス菓子)の作り方を紹介します。
 (材料)
 ルバ-ブ 10本
 水    90cc
 砂糖   100g
 ジャム(イチゴ、ブル-ベリ等)100g
 バタ-   110g
 三温糖   110g
 小麦粉   180g
 
(作り方)
・ルバ-ブは皮がついたまま5cmに切る。オーブンを180cに予熱する。
・ルバ-ブ、水、砂糖を耐熱皿に入れ、オ-ブンで10分焼く(A)
・お好みのジャムを(A)に混ぜる(B)
・室温のバタ-、三温糖、小麦粉を手で混ぜながらポロポロにする(C)
・(B)の上に(C)をパラパラと散らして、オ-ブンで30分焼く。
 
すっぱさが好きな方やカロリーが気になる方は、ジャムを入れなくても十分おいしいです。
冷やしてアイスクリ-ムか生クリームと一緒に食べると最高です。
 
大西ファ-ムではルバーブを作っています。ご希望の方はお問合せ願いします。
 
 
 
 
 
 



〒028-6103
岩手県二戸市石切所字荒瀬5-2
大西ファーム
TEL:0195-23-4515
畑にいることが多いので携帯にどうぞ
090−4319−1713
    季節の野菜を直送します

夏に向けてきゅうり、ズッキーニなどの野菜が実ります。一番おいしい時期の野菜を畑から直送いたします。受付時期はそのつどHP上でお知らせします。