ロンドンの青空市場
 
ロンドン中心地で週末開かれる青空市場に行ってきました。
オ-ガニック(有機栽培)の野菜、乳製品、チ-ズ、パン,蜂蜜、卵、花、肉、魚など30以上の生産農家が直接販売しています。
 
Marylebone Farmers Market
場所 Cramer Street Car park, Marylebone, London
日時 日曜日10時-14時
 
 
 
 
 
さすが、ロンドン中心地。イタリアの我が町の庶民的な市場とは少し赴きが違い圧倒され気味な私でした。ここでは、セルフサ-ビスで自分で選んでレジに持って行き支払いをします。(イタリアでは一切野菜に手を触れてはいけません。怒られますよ。)                     
 
 オ-ガニック市場というだけあって高級感が漂っていいます。近所に住む富裕層が散歩がてら一週間の食料の買い物を楽しむというのんびりとした雰囲気はロンドンの贅沢な日曜日のすごし方でしょう。
生産者の顔を見て質問しながら買い物が出来る客は食に対する安心を買っているのです。少しぐらい土がついていようが、傷から腐っていても、苦情は出ないようです。でも、私は自分で選んだりんごが腐っていたので申し出て取り替えてもらいました。
 
 
 上はサラダ類、カボロネ-ロ
 
 
オ-ガニック野菜はス-パーの野菜売り場にもコーナ-が在るほど普及しており、値段は3割ほど高いけれども、それを引き換えに安全を買っているという意識があります。珍しいおしゃれな野菜をおいしそうに陳列してあり、農家は生産だけでは無く、販売への意欲的工夫が見られます。
 
マクドナルドのようなファ-ストフ-ドやス-パーやコンビニの出来合い食品が氾濫している一方で、オ-ガニックを選ぶ人口が増えています。
 
 
トマト13種類だけを出品のトマト農家
 
ロンドンでは肉、魚を食べないベジタリアンが増えていてレストランには必ずベジタリアン用のメニュがあるのも人の食に対する意識の変化を反映しているのでしょう。
 
イギリスは食べ物が不味いという伝説は、最近のロンドンに関しては変わりつつあり、お薦めレストランがたくさんあります。食に対しての関心が高まっている為、レストランが生き延びる方法を研究しているようでうれしいです(それでも、吟味して選ぶ必要あり)。
 
ズッキ-ニの花のパッケ-ジには料理法が。
 
左は、私の今日の買い物です。
 
袋から野菜を出したとたん、生きた虫が床に落ちて慌てました。オ-ガニックならではのサプライズ。
 
Farmars Marketの雰囲気のおかげで、おいしい昼食が用意できました。
 
 
 
 
 
パンは穀類いっぱいのイタリア風
 
 



〒028-6103
岩手県二戸市石切所字荒瀬5-2
大西ファーム
TEL:0195-23-4515
畑にいることが多いので携帯にどうぞ
090−4319−1713
    季節の野菜を直送します

夏に向けてきゅうり、ズッキーニなどの野菜が実ります。一番おいしい時期の野菜を畑から直送いたします。受付時期はそのつどHP上でお知らせします。