Finocchio(フィノッキオ)
 
最近のイタリアでは年中フィノッキオが出回っていますが、やはり今が一番甘くおいしくなる時期です。生でアニス系の主張の強い食感を楽しむもよし、オ-ブン焼きで甘さを引き出すもよし。
 
 
 
 フィノッキオは消化を助け、胃腸にたまったガスを除いてくれます。消化不良や便秘、お腹が張っているときなどに効果的です。地中海沿岸原産で古くから、食用、薬用として使用されてきました。
 
赤ちゃんのお腹が張って苦しがる時には、粉末のフィノッキ(甘味料入り)をお湯に溶かして飲ませます。スーパーの赤ちゃんコーナ―に置いてあるくらい一般的な食品です。
我が家でも、娘たちが赤ちゃんの時にずいぶんお世話になりました。
 
 
 
シチリアで食べた地元産の冬に旬のフィノッキオとオレンジのサラダを紹介します。
 
材料
 
フィノッキオ 1個
オレンジ  1個
レーズン  少々
松の実   少々  
オリーブオイル 適量
塩、胡椒
 
作り方
1)フィノッキオの緑の部分を除いて、縦に切る。
2)オレンジの皮を切り取る。1/4のジュースを絞ってオリ-ブオイル、塩、胡椒と混ぜておく。
3)残りのオレンジを大きめに切り、フィノッキオと一緒に盛り付ける。
4)レーズンと松の実を上に飾り、2)をまわしかけて出来上がり。
レーズンと松の実の代わりにオリーブの実でもおいしいですよ。
 
 
次に我が家の冬の定番料理です。
 
 
 
Finicchio al forno
(フィノッキオのオーブン焼き)
 
材料
フィノッキオ 大1個
ニンニク   1片
オリーブオイル
塩、胡椒
パルメザンチース 適量
 
作り方
 
1)フィノッキオを縦に1cmの厚さに切る。塩を少々加えたお湯で2分固ゆでにする。
2)フライパンにオリーブオイルを入れ、ニンニクのみじん切りを炒める。1)を加えて30秒炒める。
3)耐熱皿に移し、塩、胡椒、パルメザンチーズを振り、180度のオーブンで上に焦げ目が付くまで焼く。
 
魚料理にも肉料理にも良く合う冬野菜です。
 
Finocchioとは隠語で「ゲイ、ホモ」と言う意味があります。そちらの趣味がないのであれば、響きが好きだとしてもお店の名前には使わないでください。
30年以上昔にゲイ文化発祥地のサンフランシスコで、Finocchioという劇場で女装のお兄さん(お姉さん?)たちが歌ったり踊ったりの楽しいショウを見たことがあります。まだあるのかしら?
 
 
Radicchio, Trevisana 
 
 
左から、tardivo, radicchio semilungo, radicchio variegato.
 
 
加熱しても独特の苦味がありおいしいのですが茶色に変色します。
 
せっかくの鮮やかな赤を楽しむのであればやはり生で料理の飾りに使ったり、ディップに添えるのがお薦めです。
 
 
 
 
 
大西ファームではフィノッキオを作っています。
 
ラディッキオはどうかな???種は植えたのだけれど、上手く出来ているか疑問です。
 
大西ファ-ムでは冬はハウス栽培はせず冬眠しています。イタリア南部の冬の気候は岩手の秋くらいかなということで、冬野菜の収穫は晩秋になります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 



〒028-6103
岩手県二戸市石切所字荒瀬5-2
大西ファーム
TEL:0195-23-4515
畑にいることが多いので携帯にどうぞ
090−4319−1713
    季節の野菜を直送します

夏に向けてきゅうり、ズッキーニなどの野菜が実ります。一番おいしい時期の野菜を畑から直送いたします。受付時期はそのつどHP上でお知らせします。