3月、イタリアは春真っ盛りです。
 
年が変わり、イタリアと岩手で農閑期をしておりました。
 
中学時代の同級生との還暦のお祝いに帰省していました。
 
久々の岩手は寒かった!昨年春の帰省では雪解け前の道を滑って転んで頭を強く打ったので、今回は即席スパイクを装備し恐るおそる、、、凍った路上を歩くテクニックをすっかり忘れている上、運動反射能力が衰えている体を実感し、、、どうにか無事でした。
 
実家は完全な農閑期。ノンビリとした空気に包まれており心地よかったです。
 
3月の北イタリアは春真っ盛りです。暖冬とはいえどんよりとしたはっきりとしない冬が去り、雲ひとつ無い快晴の春を迎えました。景気が悪く、失業率が高く、犯罪が増える等いろいろと問題の多いイタリアだけれども、あっけらかんとした快晴は「イタリア大好き!!」と思ってしまう、幸せな気分にしてくれる春がやってきました。
 
庭の木蓮が満開です
 
普段は目にも留まらないような木にもきれいな花が満開。春が来る度に思うのだけれども、「お花見」を一大行事として祝う日本人はすばらしい感性を持った国民です。ライトアップされた夜さくらの下で酒を酌み交わす宴会は風流ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
庭にも春が来ました                   亀君も冬眠からお目覚め
 
 
前隣り、横隣りの庭はよく手入れが行き届き、家庭菜園開始準備播但。お手製ビニ―ルハウスではサラダ菜を早植えするとのこと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前隣りの菜園                       横隣りの菜園
 
我が家ではやっと白樺の枝切りが終わった所で、菜園の準備はまだまだ。唯一、ネット購入したトマトの種をリビングで育成中。多年生のニラとミョウガ(両方ともイタリアでは自生していない)のほか、セルフイユとルバーブは自然に任せるため、残る土をきれいに整えるだけなのだけれども、ぎりぎりにしか準備ができないでおります。
 
  我が家の自然農法(放ったらかし)の菜園。
 
 数日中に手入れをしてサラダ菜の苗を植えます
 
 ミニトマト、日本のキュウリを植えつける予定。
 
 
 
 
 
 
 
 
一昨年前に植えたGOJI(クコの実)が早くも美しい新芽を出しています。Gojiはこの2,3年前から注目されており健康食品売り場で購入できるようになりました。我が家では朝食ム-ズリ用にはイギリスのネットで乾燥Goji(もちろん無農薬)を購入。自家栽培ものは乾燥機を購入して乾燥を試みたけれども苦くてもうひとつ満足できていません。収穫後はクコ酒を造るほか、生をそのまま冷凍庫で貯蔵し、中華風ス-プに加える以外のレパートリ―開拓思案中です。
 
 
 
クコ(GOJI)の木が新芽を沢山つけました。
 



〒028-6103
岩手県二戸市石切所字荒瀬5-2
大西ファーム
TEL:0195-23-4515
畑にいることが多いので携帯にどうぞ
090−4319−1713
    季節の野菜を直送します

夏に向けてきゅうり、ズッキーニなどの野菜が実ります。一番おいしい時期の野菜を畑から直送いたします。受付時期はそのつどHP上でお知らせします。