御無沙汰しておりました。 
「イタリア日記」を半年休んでいるうちに、イタリアはすっかり春になりました。
 
 イタリアらしい晴天に恵まれた週末。
 人口7,500人の隣町の酪農家で3日間のイベン
 トがありました。
 酪農家の友人主催のUILDM筋ジストロフィ-団
 体を支援するために毎年イベントを開いているの
 こと。
 
 住宅街の中にある上、直ぐ向かいには小中学校
 があるという立地条件としては最悪の場所だと以
 前から気にはなっていました。実際、50mくらい
 の所から牛の糞尿の匂いがして少しわくわく。と
 言うか、私なら絶対ここには住まないわ。酪農家
 2件があった所に少しづつ住宅が建って来ただ
 けの事で誰も文句は言えないらしい。でも学校ま
 で造ってしまうかなあ。イタリアの学校は3ヶ月も
 夏休みがあるから教室の窓を開ける時期は学校
 にいないのだろうけれども。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  今年のプログラムは例年になく立派でした。
 
  見開きぺ-ジの3/4が43事業者のスポンサー
  ページで埋め尽くされているのも田舎のイベン
  トならではの御愛嬌。
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
畜舎には20頭ほどの牛、ヤギが飼われていて、馬とロバも人寄せに一役かう本格酪農家です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ヤギの家族が日向ぼっこ。
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 やはりこのようなイベントは子供連れに人気ですねえ。ボランテイアのおじさん、おばさん達がはりきってゲームを取り仕切っているのも微笑ましい。
 
 敷地内の直売店では牛とヤギの乳のリコッタ、
 モッツァレラなどのフレッシュチ-ズと何種類もの
 熟成チ-ズが所狭しと並んでいました。
 
 左のプラスチック容器にはモッツアレラが入って
 います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 保存料無しのフレッシュチ-ズを購入。
 賞味期限3日
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  モッツアレラは昔の豆腐屋さんのように水の中
  に入っていて、小分けで購入。
  これも保存料無しで賞味期限3日。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 パンチェッタ(生ベーコン)、生ソ-セ-ジ、サラミ
 は農場で育てた豚使用で委託製造。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
本格的バールも営業していて、エスプレッソだけではなくパニ-ノや自家製ジェラートは、向かいの学校の中学生が下校時に買い食いして行くのだとか。
 
家族連れがのんびりと日曜の午後を楽しんでいる光景は、住宅地の酪農が町での共存を目指す努力を怠らず、人々に受け入れられていることを納得させられるものでした。
 
でもなあ。匂いだけではなく、これからハエやアブも多くなりそうだし、私なら絶対に近所には住めないなあ。
 



〒028-6103
岩手県二戸市石切所字荒瀬5-2
大西ファーム
TEL:0195-23-4515
畑にいることが多いので携帯にどうぞ
090−4319−1713
    季節の野菜を直送します

夏に向けてきゅうり、ズッキーニなどの野菜が実ります。一番おいしい時期の野菜を畑から直送いたします。受付時期はそのつどHP上でお知らせします。